おとぎの杜パン工房、今日の献立

このブログは、北九州市門司区にあるパン屋さん「おとぎの杜パン工房」のパンやお菓子を紹介するブログです。

3月27日の献立。の続きの続き。

あえて予約投稿の時間設定を金曜日にしてみました。

この記事が載る頃には、おとぎの杜パン工房が、

我が職場のある雑居ビルに向かう準備をしてくれているのかなあ。

 

 

 

 

 

さて、意外な発見だった2品めをレポートしましょう。

 

f:id:coatsofarms:20200330054413j:plain

ドライフルーツとナッツのパン。

 

いかがでしょう。

この彩り。このカラフルさ。

袋越しでも、しっかりアピールしてきます。

期待させてくれることでは、前回のめんたいフランスパンに引けをとっていません。

 

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330054615j:plain

ひんむいちゃいました。

 

ああ、私の大好きなナッツ、ドライフルーツがふんだんに練りこまれております。

待ちきれません(だから買ったんだけど)。

したがって。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330055306j:plain

パクッと。

 

4切れ入っている中の、1切れ目であります。

すでに香ばしい。

うま〜。

たまんねえ。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330055526j:plain

一応、裏も確認。

 

早く食べたいけど、早く無くなるのも嫌。

この写真なんか、私には目のごちそうでもありますな。

口でも目でも賞味できます。いたします。

ありがたや。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330055819j:plain

だんだん減っていく。

 

レーズンでしょうか、ささくれだっていますね。

このアピールが頼もしく、嬉しい。

美味しいよおおお。

 

そして楽しいひと時ほど、短く感じられるもの。

あっという間にお別れです。

我が口内に旅立って行きました。

また会おう!

 

 

 

 

 

冗談はともかく、また買っちゃうな、これ、って思いました。

食べている途中で思いました。

いちじくパンもいいけど、こちらはナッツも入ってるからなあ。

この至れり尽くせり感。

当ブログの記事としての都合もありますが、きっとこの誘惑には勝てないでしょう。

 

 

 

おとぎの杜パン工房
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com 

をよろしくお願いします。

 

3月27日の献立。の続き。

いつもながら、気を持たせて、すみませぬ。

前回はさわりで、今回からパンのレポートです。

 

 

 

2品のどちらから攻めるかと言えば、

やはり、こちらから。

 

f:id:coatsofarms:20200330050819j:plain

めんたいフランスパン。

 

どおです、この長さ。

ロング、ロング。

頼もしいじゃないですか。

と思いきや、

真ん中からポッキリ、パックリ。

な、なんだこれは!

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330051138j:plain

引っぱり出してみます。

 

あんまり出し過ぎると、デレ〜んとなっちゃいます。

なっちゃいますが、そうなる前に。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330052349j:plain

パクッとしちゃえば。

 

ほうら、この通り。

フランスパンとしての生地がいくら固くっても、もう大丈夫。

あと一口分、両アゴを伸ばせば、切れ込みに歯が届きますぜ。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330051933j:plain

きれいに千切れました。

 

それもこれも切れ込みのおかげっすよ。

ああ、これも頼もしい。

気兼ねなくアゴを動かせます。

めんたいを堪能できます。

めんたいピリリが嬉しい、美味しい。

こちら、福岡県ですばい。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330051432j:plain

めんたいの量に注目!

 

めんたいがしっかり、こちらに自分の存在をアピールしております。

いや、袋の時から分かってたか。

充分そそられたましたな。

そして期待を裏切りません。

楽しいひと時は、あっという間に過ぎてしまいました。

食べてしまいました。

 

 

 

 

 

いやあ、やっぱり、めんたいは美味しい。

普段こてこての甘党の私ですが、このピリ辛をときどき注入したくなるわけですよ。

おとぎの杜パン工房も福岡のパン屋として、ついに出してくれました。

く〜、嬉しいねえ。

 

 

 

おとぎの杜パン工房
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com 

をよろしくお願いします。

 

3月27日の献立。

3月27日、金曜日。

コロナウイルス騒ぎで心配しておりましたが、

おとぎの杜パン工房は来てくれました。

 

それは、良いのですが。

肝心の自分自身に、珍しく外回りの予定が入り、

落ち着いてパンを購入できないという事態になりました。

買いすぎて、食べるのに時間がかかって、お得意先をお待たせした、

じゃあ話になりませんからなぁ。

時間配分に気をつけなければなりません。

何せ、後で記事に起こすことを想定して、撮影しながらの実食ですので。

 

 

 

 

 

というわけで、ゆっくり選びたいのを堪えつつ、

さっと目を走らせて購入したのが、こちらの2品。

 

f:id:coatsofarms:20200330044303j:plain

個性が違いすぎる2品。

 

また過去記事とダブらないようにゲットする意味でしっかり狙ったのは、

やはり左のめんたいフランスパン。

どおです?

見るからに期待できるでしょう。

 

対して右は、ダブるの覚悟の上で、とにかく食べたいという思いで買いました。

しかし!

嬉しい誤算。

過去記事を振り返りましたが、無いじゃないですか。

名付けるなら、ドライフルーツとナッツのパン、ですな。

どうやら、いちじくパンやカレンツのパンと混同していたようです。

自分に正直に、ただ食べたいという気持ちでパンを選んで、良かった。

 

 

 

 

 

嬉しいじゃないですか。

ここんとこ、やたら新作に出会えます。

この果敢な企業努力。

見習いましょう。

 

さて、2品それぞれのレポートは、次回お届けします。

 

おとぎの杜パン工房
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com 

をよろしくお願いします。

 

3月6日の献立。今度こそ最後?

本来なら、3月13日の献立をお伝えするところですが、

なんと、会えませんでした。

現れませんでした。

 

どうしたんだ、おとぎの杜パン工房。

もしやコロナウイルスのせいだろうか。

感染を心配して、我らが雑居ビルに来なかったのだろうか。

とにかく真相は現時点では分かりません。

 

 

 

 

 

 

 

しょうがない。

3月6日には紹介済みの商品とは言え、いちじくパンも買ってました。

これを再度リポートしてみます。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306124116j:plain

まずは取り出しました。

 

一袋に4切れくらいだったでしょうか。

食べ応え充分の量です。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306123925j:plain

パクッと。

 

ただ食べるつもりはありません。

せっかくなので、いちじくの断面が撮れるように狙います。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306124147j:plain

別の攻め方。

 

そのためには、あえてこんなかじり方をしたり。

つぶつぶが雄弁ですなあ。

まるでイチゴジャムに入っている種みたいです。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306124018j:plain

もう、こんだけ。

 

4切れもあっても、あっという間に、こんな姿。

名残惜しいなあ。

甘酸っぱい味がたまりません。

いつかまた、今回みたいに買うと思う。

 

 

 

次の3月20日は祝日で、おとぎの杜パン工房もお休み、とのこと。

早く、また無事にお会いしたいものです。

 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。

 

3月6日の献立。の続きの続き。

3月6日に購入したパンの二つめ。

こちらも初めて出会いました。

きなこクリームパン。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306123305j:plain

袋の時は、こんな状態。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306123348j:plain

さっそく取り出しました。

 

すでに、きなこが主張しておりますなあ。

きなこ、もちろん大好き。きなこって偉いですよね。

甘くて、しかも大豆だから体に良い。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306123430j:plain

まずは一口。

 

クリームの中のきなこが分かりますでしょうか。

おお、このピーナッツバターのような味、たまらんのう。

 

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306123514j:plain

二口め。

 

こちらからクリームが飛び出してきました。

もちろん逃がしませんって。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306123443j:plain

三口め。

 

おおっと。こちらからも!

ちょこざいな。美味しいやつめ!

 

 

 

 

 

というわけで、きなこという新しい分野を切り開きましたな、

おとぎの杜パン工房さんよ。

 

 

 

 

 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。

 

3月6日の献立。の続き。

3月6日に購入したパン。

一つめは、新作です。

チーズはちみつパン。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306122845j:plain

どーん!



 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306122837j:plain

裏側もチェック。

 

はちみつのおこげが嬉しい。

私としてはチーズとはちみつの組み合わせは断然オッケーです。

甘じょっぱい感じがたまりません!

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306122910j:plain

パクッと。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306123016j:plain

パクパクっと。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306122939j:plain

パクパクパクッと。

 

あっという間に、こんなですよ。

チーズ好きなら、ご理解いただけるんじゃないかなあ。

 

 

 

 

 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。

 

3月6日の献立。

言い訳ですが。すっかり言い訳ですが。

私なりに忙しく、こちらにしわ寄せを送ってしまってました。

こちらを後回しにしてました。

 

そこへ今回のウイルス騒ぎです。

もしかしたら、おとぎの杜パン工房も私の職場がある雑居ビルに来てくれなくなるかも、と心配しました。

が、ちゃんと来てくださいました。

 

 

 

矢継ぎ早ですが、

3月6日の献立がこちら。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200306122653j:plain

3月6日に購入したパンたち。

 

お分かりでしょうか。

左のいちじくパンは以前紹介しましたが、また食べたくなって買っちゃいました。

問題は右の二つ。

新作であります!

おお〜、偉いなあ、この実行力。創造性。

見習わなければ。

 

 

 

と言いつつ、パンの紹介は次回に回したりして。

引っぱっちゃいます。

ケチな私。

 

 

 

 

 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。