おとぎの杜パン工房、今日の献立

このブログは、北九州市門司区にあるパン屋さん「おとぎの杜パン工房」のパンやお菓子を紹介するブログです。

おとぎの杜パン工房はまだ来ない。

はあ、ご無沙汰しております。

おとぎの杜パン工房の訪問販売は、いまだに再開されません。

5月29日金曜日も、やはり来てくれませんでした。

 

こちら福岡県も、一時は緊急事態宣言を解除したのです。

なので先週くらいから、もしかしたら訪問販売が再開するかも、と期待したのですが・・・・

 

 

 

この記事をお読みくださっている皆さんも、すでにTVニュース等で見聞きされたでしょう。

こちら北九州市は、それどころではなくなってしまいました。

 

北九州市

どうすっ転んでも、一地方都市にすぎません。

全国区のトップニュースで取り上げられるなんて、そうそうないのに。

よりによって悪い意味でニュースになりました。

情けなくって、父ちゃん、涙出てくらあ!

なんて言っていても始まらないのですが。

 

 

 

少々言い訳めいたことを言いますと、

市もそれなりに啓蒙はしていたんですけどね。

たとえば、こちら。

雑居ビルの一階ロビー、エレベーター入り口です。

f:id:coatsofarms:20200530080859j:plain

エレベーター入り口すぐ上のディスプレイ。

実は、おとぎの杜パン工房の訪問販売は、

毎週金曜日の12時から、このエレベーター入り口の左側で行われるのです。

が、訪問販売が来ない代わりでもなかろうに、

いつの間にか啓蒙アニメが放映されるようになりました。

www.youtube.com

 

このディスプレイも、元々はこういう使い方ではなかったのです。

雑居ビルで行われる会合などのイベントや、テナントとして入居している企業の予定などを告知するのに使われていました。

それが急遽、このように啓蒙アニメの放映に使われるとは。

やはり緊急事態ですなあ。

 

確かめたわけではないですが、北九州市内のデパートなどの大きめの商業施設、複合施設にある他のディスプレイでも、おそらくこのアニメを放映していると思われます。

 

広報車も周回するようになりました。

どこの政党だ?選挙の時期じゃなかったはずだが、

なんて不思議に思っていたら、市の広報車でした。

内容はアニメと同じです。

コロナウイルスが蔓延しているので気をつけましょう、ということ。

 

 

 

くっそう、なんでこんなことになったのやら。

私だってバス通勤を控えて毎朝毎晩、自転車をコキコキ、家と職場を往復しているのにぃぃぃ。

 

小学校もやっと再開したばっかりだったのです。

この調子だと、また休校措置かも、と心配してます。

子どもたちをずっと家で勉強させるのにも、親にそのゆとりがあるかどうか。

とか思っていたら、奥さんのママ友さんがラインでこんな宣言をなさったそうです。

「しばらくは娘を休ませます」

そう、自主的な休校措置です。

我が娘の同級生のママさんなのですが、こういう意見のママさんは多いかもしれません。

娘、息子のクラスには、ほかにも休んでいる子がチラホラいるようです。しかも、うちの子たちは、その休んでいる事情を知らされていません。

先生が情報を止めているのでしょう。

うちの子たちも休ませるべきかなあ。でも外の空気に触れさせたいような。

って、それ以前に学校からまた発表があるかもしれませんが。

 

 

 

 

 

すっかり長くなりましたが、

とにもかくにも訪問販売は再開していません。

むしろ遠ざかったのかも。

ああ、悲しいなあ。

 

 

 

しょうがないので、

まだ使ってなかったらしい写真を載せてみます。

 

f:id:coatsofarms:20200530085724j:plain

あんドーナツ

 

あんドーナツそのものは以前にもレポートしましたが、

この写真はその後また購入した際のものと思われます。

 

f:id:coatsofarms:20200530085911j:plain

ああ、また食べたいなあ。

 

あんドーナツ、あんパンは日本の菓子パンの代表です。

おとぎの杜パン工房も、訪問販売では必ずこのドーナツを持って来られていたなあ。

 

早く再開してほしいところですが。

 

おとぎの杜パン工房を忘れないでね。

 

 

 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。

 

 

 

次回もまだ再開していなかったら、

ほんとに無関係な雑記になるかも。

ご了承のほど。

4月3日の献立。の続きの続きの続き。

 4月3日に購入したパンのレポート、

今度こそ、デザート用の甘めのパンです。

三品め。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200419074413j:plain

ナッツ入りラスク。

 

ご覧あれ、この大きさ。

まあ、わざと写真を大きめに設定していることもありますが。

実際大きかったです。

手からはみ出しているのが、お分かりいただけるでしょう。

普通の食パンのサイズでラスクにしてあるんです。

私が今まで食べてきた中で、一番大きなラスクですな。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200419074804j:plain

後ろ姿。

 

裏側から見た方が、ナッツの含有率が伝わりますね。

私が撮影用に引っぱり出した一枚がたまたまそうだった、ということもありますが。

でも、やっぱりナッツが見えると期待しちゃいます。

 

言い忘れておりました。

このパンは三枚入りです。

 

 

 

 

 

さあ、裏表しっかりチェックしましたから、いよいよ実食。

 

f:id:coatsofarms:20200419075908j:plain

サクッと。

 

もう本当にサックサクです。

そして、ほんのり甘い。

 

よく見ていただきたい。

乾ききった大地に霜が降りたみたいに、お砂糖がかかってます。

パン生地の大地には、春を待つ種のようにナッツが埋まってます。

ナッツが眠っています。

おお、詩人になっちゃったぜ。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200419080419j:plain

サクサクっと。

 

こちらの方が、霜降り具合が分かりますね。

 

背景に点々と見えるのはパンくずです。

どうしても粉が落ちやすい。

ラスクの宿命ですな。

こんなこともあろうかと、机に紙を敷いておりました。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200419080752j:plain

サクサクサクっと。

 

ああ、例によって、あっという間にこんな姿。

三枚入っていても、あっという間にこんな姿。

だってナッツも入っているんだもの。

 

 

 

 

 

とは言いながら、

正直言いますと、実はちょっと物足りなかったです。

薄味なんですね。

いちじくパンやドライフルーツのパンの印象があるからか、

もっとナッツの味が感じられるとか期待しすぎました。

 

しかし私も、年が年。

大概で糖尿などを気にしなければなりません。

薄味で感謝しましょうぞ。

 

 

 

 

 

 

ああ、ついに、

私が取り上げる予定のパンが出尽くしました。

これをラストだなんて、思いたくない。

 

一走り、お店まで直接行ってみるかなあ。

実は一度だけ市内バスを駆使して見に行ったことがあります。

思い切り郊外で、1時間弱かかりましたね。

 

家族とドライブがてらに行ってみるかなあ。

絶対必要な外出とは言えませんが。

 

 

 

というわけで、

ただでさえ不定期な当ブログですが、

おとぎの杜パン工房が訪問販売を再開してくださるまで、

さらに更新が遅れそうです。

 

時おり思い出したように、雑記を載せるかも。

なかなか予定がたちません。

 

 

 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。

 

4月3日の献立。の続きの続き。

またしても間が開きました。

4月3日に購入したパンのレポート、二品め。

これがなかなか手強かった。

 

 

 

何がどう手強がったかと言うと、

惣菜パンともちょっと違う、

甘いデザートパンでもない。

 

あえて言うなら、惣菜パンのグループかな。

なぜなら体に良い、健康に良い、がセールスポイントだから。

なんだかもう青汁の宣伝文句のようなセールスポイントですよねえ。

そう。そういう路線ということです。

 

二品めは、こちら。

よもぎパン。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200418181055j:plain

見事に、ミドリ。

 

生地にムラなく練り込んだのでしょう。

もう袋を開けると、ヨモギの香りがします。

清々しい。

とは言え、ミントほどキツくはない清々しさ。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200418181306j:plain

別のアングルから見ると、こんな感じ。

 

ご覧ください。焼き色とヨモギの緑が、しっくり来てます。

違和感なく共存しております。

美しいですなあ。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200418181612j:plain

もぐもぐ。

 

味わってみます。

味より先にまず、生地がふっわふわです。

味は・・・ヨモギですなあ。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200418182022j:plain

もぐもぐもぐ。

 

苦いのとも違うんです。

薄味であります。

本来ならカラッと焼いて、バターやジャムを塗る、

あるいはチーズなどを溶かして、ハムなどの具材を乗せる、

べきだったのでしょうなあ。

 

しかし私はそのまんま、何もせずに食べてみました。

まずはしっかりヨモギを堪能しませんと、ですな。

 

 

 

 

 

 

せっかくなので、ヨモギについて調べてみましょう。

ヨモギ 効能」と打って、ググってみます。

たくさん出てまいりました。

 

・血液をきれいにし、かつ血液を増やす作用を促す。

デトックス効果。体内にたまった老廃物、有害物質の排出を促す。

・腸内環境の改善。食物繊維がほうれん草の3倍。

 

など、ごくごく大ざっぱに書き出してみました。

他にも、もっと効能がありそうな気がします。

それくらいの貫禄がある緑なんだもの。

 

 

 

と、まあここまで書いて、私はちょいと勝手な飛躍をしてみたくなります。

試みたくなります。

もしかしてヨモギって、ウイルスに有効なのでは、と。

ウイルスに負けないための免疫力。

その免疫力を高める食材として、ヨモギもけっこうイケるのではないか、と。

 

免疫力を高める食材として、真っ先に挙げられるのは、

ヨーグルト

ですね。

 腸内環境を整え、栄養の吸収を良くして、体力を下げない。

 ウイルスを直接やっつけるわけではないが、

 体力の向上に役立って、間接的にウイルスを抑制する。

という考え方なのだろう、と私は解釈しました。

栄養素としては、ビタミンA、C、E、そして食物繊維が重要なようです。

それら栄養素が豊富な食材が、免疫力を高めるものとして期待されているのでしょう。

 

さて、この免疫力を高める食材。

ヨーグルトやミカン、にんじんなどに並んで、これも注目されていました。

緑茶

そう、我々日本人が普段よく飲むお茶です。

この話を聞きかじった私はこう思いました。

緑茶が良いのなら、ヨモギも良いのでは。

腸内環境に良いことも一致してますし。

安易に似たようなものだと発想したわけです。

 

 

 

とは言え、いつの世も期待しすぎは良くないようで。

免疫力を高める食材だからといって、

そればっかり食べすぎては食事のバランスを崩して、

本末転倒になります。

うちの子たちも、ヨーグルトを食べすぎてお腹がゆるくなることがあります。

私自身も栄養ドリンクをやたら飲んでいた時期がありまして、みごと健康診断で引っかかりました。

 

広告の謳い文句を真に受けるのも、気をつけなければなりませんね。

 

 

 

 

 

 

以上、よもぎパンが私の中であまりヒットしなかったので、

長々と理屈をこねてみました。

きっと体には良いんだよ、と。

ようするに、言い訳であります。

 

今度買ったら、あんこなどを挟んでみたい気分です。

 

 

 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。

 

4月3日の献立。の続き。

お待たせしております。

引っぱっております。

4月3日に購入したパンのレポートをやっていきましょう。

 

 

 

 

 

いつも通り、一品めは惣菜パンから行きますよ。

昼食用で買ったパンですからね。

甘いパンは後に取っておくもんです。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200418163110j:plain

コーンめんたいパン

 

ご覧あれ。

マヨコーンの海に、あぶくのごとく垣間見える、めんたいの粒。

もう、この時点でかなり期待が高まってきます。

回るお寿司でついついコーン巻きを頼む私。

奥さんにお子ちゃまと笑われても、コーン巻きを頼む私。

マヨラーじゃないんですよ。

あくまでも、コーンが目当てなんです。

そこに、めんたいとはぁ!

めんたいも、いただいて良かとですか?!

めんたいも堪能して良かとですか?!

く〜、たまんねえ。

贅沢な、夢のような組み合わせですタイ。

 

 

 

 

 

しかし、ここでいきなりカブりついたら、野暮ってもんでさあ。

大人なんですから。

自分に負けちゃダメですよ。

もうしばらく我慢して、こんなことをします。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200418165539j:plain

丸い惣菜パンの恒例。裏側の確認。

 

まるでスカートめくり?

いやいや、焼き目や型紙の剥がれやすさをチェックしてるんですよ。

実際、剥がしやすかったです。

これなら余すところなく、いただけます。

 

 

 

 

 

さて、そろそろ我慢できなくなってきました。

行くぜ!

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200418173224j:plain

ガブっと。

 

おお、おおおお!!!

期待を裏切らない美味さだぜええ。

めんたいのつぶつぶが見えますでしょうか。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200418173502j:plain

ガブガブっと。

 

めんたいの量がコーンに負けてません。 

こちら本場、福岡県ですよ。

こう来なくっちゃあ。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200418173831j:plain

ガブガブガブっと。

 

ああ、こんなに小さくなって。

いつものことながら、

楽しいひと時は、あっという間に過ぎてしまいます。

わ、別れは辛いけど。

ずっと持っていても、眺めていても仕方ありません。

来たれ、我が口内に。

ありがたくいただきました。

 

 

 

 

 

ああ、この丸い惣菜パンのシリーズ、好きだなあ。

すっかり好きになりました。

果たして、これでコンプリートだったのか。

案外まだ見ぬ丸パンが存在するような気がしてなりません。

 

やっぱり訪問販売が再開してほしいなあ。

 

そのためにも、

一日も早く、ウイルスの被害が収束することを願っております。

 

 

 

 

 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。

 

4月3日の献立。

間が開いてしまいました。

すっかり記事の更新が遅れました。

 

 

 

遅れているうちに、大変なことが発生。

おとぎの杜パン工房は、訪問販売をしばらく自粛する

、とのことです。

 

 

 

ああ、もしかして、とは思っていたのですが・・・

やっぱり淋しいもんです。

 

かと言って、無理に来させるような話でもないしなぁ。

でも、どこにウイルスが潜んでいるか分かりません。

万全を期すのは、当然の判断です。

 

 

 

 

 

 

 

致し方ない。

私は、自分にできることをしましょう。

たとえば、すっかり遅れた4月3日の献立のお知らせ、とか。

ラインナップは、こんな感じです。

 

f:id:coatsofarms:20200418122445j:plain

この3種を買いました。

 

おお、丸い惣菜パンが見えますねえ〜。

以前に掲載した目玉焼きパン、

ミートなすパン、

チーズはちみつパン

とは、また違います。コーンが見えとりますがな。

丸い惣菜パンは、これで4種類め。

シリーズ化しているのでしょうか。うれしいなあ。

 

すぐ上には緑色のパン。

インパクトというか、主張がすでに強い。

 

そして右下。ナッツです。

ナッツが見えます。たくさん散りばめられています。

だから買ったんですけどね。

 

というわけで、4月3日は3品とも新作でした!

例によって、これを少しずつリポートしますぞ。

だって、ネタがなくなっちゃうから、少しでも持たせないと。

 

この3点をリポートし終えた、その次からの記事をどうするか

は考え中であります。

 

 

 

 

 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。

 

って直接、お店に買いに行くかなあ。

遠いんだけど。

 

3月27日の献立。の続きの続き。

あえて予約投稿の時間設定を金曜日にしてみました。

この記事が載る頃には、おとぎの杜パン工房が、

我が職場のある雑居ビルに向かう準備をしてくれているのかなあ。

 

 

 

 

 

さて、意外な発見だった2品めをレポートしましょう。

 

f:id:coatsofarms:20200330054413j:plain

ドライフルーツとナッツのパン。

 

いかがでしょう。

この彩り。このカラフルさ。

袋越しでも、しっかりアピールしてきます。

期待させてくれることでは、前回のめんたいフランスパンに引けをとっていません。

 

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330054615j:plain

ひんむいちゃいました。

 

ああ、私の大好きなナッツ、ドライフルーツがふんだんに練りこまれております。

待ちきれません(だから買ったんだけど)。

したがって。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330055306j:plain

パクッと。

 

4切れ入っている中の、1切れ目であります。

すでに香ばしい。

うま〜。

たまんねえ。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330055526j:plain

一応、裏も確認。

 

早く食べたいけど、早く無くなるのも嫌。

この写真なんか、私には目のごちそうでもありますな。

口でも目でも賞味できます。いたします。

ありがたや。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330055819j:plain

だんだん減っていく。

 

レーズンでしょうか、ささくれだっていますね。

このアピールが頼もしく、嬉しい。

美味しいよおおお。

 

そして楽しいひと時ほど、短く感じられるもの。

あっという間にお別れです。

我が口内に旅立って行きました。

また会おう!

 

 

 

 

 

冗談はともかく、また買っちゃうな、これ、って思いました。

食べている途中で思いました。

いちじくパンもいいけど、こちらはナッツも入ってるからなあ。

この至れり尽くせり感。

当ブログの記事としての都合もありますが、きっとこの誘惑には勝てないでしょう。

 

 

 

おとぎの杜パン工房
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com 

をよろしくお願いします。

 

3月27日の献立。の続き。

いつもながら、気を持たせて、すみませぬ。

前回はさわりで、今回からパンのレポートです。

 

 

 

2品のどちらから攻めるかと言えば、

やはり、こちらから。

 

f:id:coatsofarms:20200330050819j:plain

めんたいフランスパン。

 

どおです、この長さ。

ロング、ロング。

頼もしいじゃないですか。

と思いきや、

真ん中からポッキリ、パックリ。

な、なんだこれは!

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330051138j:plain

引っぱり出してみます。

 

あんまり出し過ぎると、デレ〜んとなっちゃいます。

なっちゃいますが、そうなる前に。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330052349j:plain

パクッとしちゃえば。

 

ほうら、この通り。

フランスパンとしての生地がいくら固くっても、もう大丈夫。

あと一口分、両アゴを伸ばせば、切れ込みに歯が届きますぜ。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330051933j:plain

きれいに千切れました。

 

それもこれも切れ込みのおかげっすよ。

ああ、これも頼もしい。

気兼ねなくアゴを動かせます。

めんたいを堪能できます。

めんたいピリリが嬉しい、美味しい。

こちら、福岡県ですばい。

 

 

 

 

 

f:id:coatsofarms:20200330051432j:plain

めんたいの量に注目!

 

めんたいがしっかり、こちらに自分の存在をアピールしております。

いや、袋の時から分かってたか。

充分そそられたましたな。

そして期待を裏切りません。

楽しいひと時は、あっという間に過ぎてしまいました。

食べてしまいました。

 

 

 

 

 

いやあ、やっぱり、めんたいは美味しい。

普段こてこての甘党の私ですが、このピリ辛をときどき注入したくなるわけですよ。

おとぎの杜パン工房も福岡のパン屋として、ついに出してくれました。

く〜、嬉しいねえ。

 

 

 

おとぎの杜パン工房
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com 

をよろしくお願いします。