おとぎの杜パン工房、今日の献立

このブログは、北九州市門司区にあるパン屋さん「おとぎの杜パン工房」のパンやお菓子を紹介するブログです。

9月13日の献立のつづき。

前回は前置きが長くて、紹介するパンが一種だけという結果。
書き足りないのは山々ですが、区切りも大事かと思い、しばし筆を置きました。

 

 


いくら軍資金が乏しかったからって、パン一種じゃ寂しすぎますわな。

めんたいチーズパンと合わせて買っていたのが、こちら。

 

f:id:coatsofarms:20190915064915j:plain

ロールパン


さっき間違えて「クロワッサン」とキャプションをつけてしまいました。が、よく考えたらパリパリの生地ではありませんでした。ふわふわ。ロールパンですね。

 

 

 

f:id:coatsofarms:20190915065247j:plain

ロールパン、こうやって持ちました。

 

紙のおかげで持ちやすかったです。
ちょいと小さめのパンですが、そこは軍資金を豊富に準備しなかったこちらの落ち度。贅沢は言えません。


しかし、これは結構な掘り出し物でしたよ。
この写真で、皆さんはどんな味を想像されるでしょうか?
クリームが入っていると思います?
自分もそう予想したのですが、実は入ってません。
それどころか塩味なんです。
表面に薄く塩をふってあるんです。
辛くはありません。うす塩がパン生地そのものの甘みを引き立たせるのです。
これはちょっとした感動でしたね。
この香ばしさ。昨今の塩バターブームが分かる気がしました。

 

 

 

しかも、こんなお茶目な一面が。

 

f:id:coatsofarms:20190915070613j:plain

ロールパンの断面

 

トンネルが見えます。開通したぞ!
空洞ができるのは、ロールパンならでは、ですな。
って、食べ物で遊んじゃいけない。


とにもかくにも、いい意味で裏切ってくれたパンでした。うまー。


 

おとぎの杜パン工房は
http://shuukikaku29otogi.web.fc2.com です。
よろしくお願いします。